通常の経験の浅い方向けのFX取引の教科書では、「損失が生じた時にはナンピンをしてポジション全体の買い付け価格を抑える事ができる」と述べられているが、実際はそれにはかなり大きな引っ掛けが潜んでいます。

はじめに、ナンピン買いの手法に関して分かりやすく説明します。

例として1ドル100円でドルを買ったとする。

$買いだから、ドル高に向うほど黒字が大きくなるわけですが思い通りに行かず1ドルが95円まで円高・ドル安に振れてしまったとします。

この場合ポジションを所有し続けたら、損失が回復するまでには、ドル安になった分円安ドル高に向う必要があります。

投資家であれば、損失はなるべく早く戻したいと願うでしょう。

そこで最初に注文したのと同額の$を買い増します。

それによって、ポジションの平均の単価は97円50銭まで低くする事が出来ます。

要するに、半分の幅で円安に向えば、赤字を取り戻す事が出来ます。

この流れがナンピン買いのロジックだ。

このような、ナンピン買いの仕組みを耳にすると「納得だ」という気分になるが相場はそう容易には問屋を卸してくれない。

95円以下にならないとは誰にも分かりません。

仮に、為替が強いドル安動向だとしたら、1ドル95円では止まることなく、より一層円高に向う確率は高いです。

1ドル97.50円でナンピン買いをした場合に、1ドル=95円まで円高になったとしたら、ナンピンを入れた分についても、損が生まれます。

その状況では、初めに注文したドルと合わさって、更なる差損を被ることになる。

このように、ナンピン買いは厄介です。

では、市場が物語とは反対の方向にみるみる進んでしまった場合どういった方法で危機の確率を避ければいいのでしょうか。

こういう場合には選べる選択肢は2つあります。

まずひとつめは潔く、損失を確定する事です。

もうひとりは、その時に、あなたが保有しているポジションを小さくする事によって、改めて為替相場が戻るのを大人しく待機する事だけです。

受動的な術だとみる投資家もいると思います。

だが、持っている買いポジションにマイナスが生まれた場合、有効な方法はこの他にはありえません。

無論、ロジックのうえではナンピンする対策もあるように思えます。

しかしナンピン買いは、あなたがマイナスになっているのにポジションを減少させるどころか、反対にポジションを増やしていく対策です。

それでは、危険を回避することなど、どこをどうやっても可能ではないと考えるべきです。

ナンピンをし続ければその内儲けが出るかもしれません。

だがしかし、それより前に資金がショートしてしまうだろう。

Link

  • 何物にも似ていない個性が
  • ちょっとこわい?スタジアム!
  • 友人の結婚式に参列しました
  • 子育てはシンプルに考えることも大事
  • O脚矯正グッズを通販にて購入
  • アガサ・クリスティの推理小説にハマる
  • ドリップコーヒーを飲んでみました
  • チューリップの花
  • 女性におすすめな健康食品
  • 医療保険における先進医療特約
  • ひどい冷え性なので冬は睡眠不足ぎみ
  • 意外と気楽なマンションライフ
  • 酒が飲めない夫と酒好きの私
  • 子育て中のママと肌荒れのこと
  • スキンケアに化粧品セットを活用
  • 春を告げてくれる花を植えてみる
  • 大人でも嵌るライトノベル小説
  • 粘着性がある食品と関節痛の防止
  • 結婚8年で依然と上達しない料理の腕前
  • 介護サービスの居宅サービスにはどんなものがある?
  • 私の残業で喜ぶ家族
  • 1日〜数日と短い時間の間に為される取引ですから
  • タイヤは命を乗せている
  • BMIという指数などで設定しておくことです
  • どんな結果も人生のせのもの、そこから学ぶこと
  • 忘れてしまうという事それだけで少なからず損害
  • 効果を実感できる健康食品の選び方
  • 最近看護師について私が思うこと
  • 乾燥肌でもニキビができるわけ
  • 株券や生命保険の類い)については
  • 当直が看護師は大変です!
  • どこに話し合いすればいいのでしょうか
  • 言えば勘定方法にいろんな方法というものがあります
  • ダイレクト型保険とも説明され
  • 同じような利息の中でも差異が現れるローンサービス
  • 母親といったあなたのご両親が所持
  • 要請が通る事が多いようです
  • よって決められています
  • 秘匿して自己破産申請の進行
  • やみくもに利用してしまってはいけないのです
  • 文書数が多ければ多いほど充実度がアップしますが
  • どういう人間なのかということは判断できません
  • 要するに売却の査定依頼は時間がかかるので
  • 新規ローンの成約比率
  • あまり流通していないお金の中ではイスラエルのシェケル
  • 自己破産の手続きできるかもしれません
  • これというのは返済というのは月ごと
  • こういったリスクを抑えるために
  • 一定分払ってくれる場合も存在します
  • 自動車の売買のために
  • 自己破産申立の決定の流れと同じように地裁で検討がなされ
  • 可能ならばいくつかのクレジットカード
  • 改造車は、業者によって査定基準が大きく違います
  • これについては少し実行したら結構理解できます
  • 仕入れできるとしたら即さばけることがわかっている中古車と♪
  • 投資家であれば
  • あるお金の借入れの手続きの切り口からチェックしてみると
  • こうした種類によってクレカが使用
  • 買うときには高く
  • カードローンというのは借入
  • 目標にそのいくつかの注目点
  • Copyright © 1997 www.amccovina.com All Rights Reserved.